本業を疎かにしてはいけない

先に話した週末起業の基本的な考え方をきちんと考えられるようになったら、本格的に起業する事を視野に入れても問題ないといっていいかもしれませんが、ここでもやはり大事なこととしては『本業との兼ね合い』が出来るのかどうかを把握しておかないといけません。もしも週末起業の方が断然に忙しくなってしまって、そちらの方に仕事の時間を割きたいと思ってもそうは行きません、忘れてはいけませんが週末起業をするということは今日まで働いている会社にお世話になりつつ収入アップを目指しているだけであって、そこに会社における自らの責務を放棄して良いということには繋がるわけありません。これが先ほど話した会社には秘密にした方が良いということへの根っこに通じていくことになるわけですが、会社に勤めている以上はそこでの自分がなすべき業務をきちんとこなさないといけないのは起業するにしてもそうでないにしても、労働者としての常識です。これができない人は信用ならない人として見られてしまい、最悪本業における雇用関係を解消されてしまうことも容易にありえます。

週末起業の方を主と出来るくらいまで事業展開を持っていく自信があるのなら平気かもしれませんが、そうでない立ち上げたばかりにおいてもしも本業を疎かにして首になったら、一気に生活は苦しくなりますね。そうならないためにもやはり終末期業における仕事量という加減を考えなくてはいけないわけですが、そうなるとやはり『週末だけで活動しても支障のない仕事』というものを考えなくてはなりません。難しいのでは、と感じるかもしれませんが探す分には数ほど存在しているといって良いでしょう。

週末起業するにあたっての事業内容

週末だけで行える事業として何があるのか、と考えたときに最初に思い浮かぶものとしては『インターネット』というものでしょう。これをフル活用するほかはないと言っていいでしょう。情報収集という面にしてもそうですが、何より週末だけ起業家としての顔を持つようになる道具としてはインターネット事業というものはやり方によってはお金になることもあります。もちろんやり方次第となっているので、誰でも気軽に稼ぎ出すことができるというモノではない事は脳細胞に刻んでおきましょう。そして何より、自分の好きな事を事業として展開できる仕事となった場合には、まずは自分というものを研究しなくてはいけません。学生時代における就活などで日常茶飯事的に行っていた自己PR作成だったり、自己分析といった事をするのも一つの手です。自分というものを客観的に観察したときにどんな仕事なら自分らしく仕事としてやっていくことができるのだろうと考えることからはじめても遅くはありません。まずは自分を知ることが週末起業への一歩といっても良いでしょう。

そうした自己分析が終了して出た結論などを統計した結果として、どんな答えが算出されるのかは個人によりけりとなると思います。それでもどうしても自分というものを考えたときに事業という点ではお金にすることがどうしても現実的ではないという場合もあるかもしれません。基本は自分の好きなことであればいいですが、必ずそれとなくお金として見込めるだけの商品となるのかと考えたら、昌寺きわどいかもしれない、なんてこともあるかもしれません。そんな悩んでしまった人にはこんな職種なら週末起業という点で利益的な面で見込めると思うものを紹介して行きましょう。

  • 恋愛セラピスト
  • 整理収納代行サービス
  • 書道セラピスト
  • 自販機オーナー
  • ダイエットコーチ
  • 古物販売
  • クリエイター職
  • 大会主催者
  • コーチング

このような仕事などは週末限定で起業家として活動するにしても本業に差し支えない程度に業務を行うことが出来ます。これ以外にも資料としてはあることにはありましたが、スキルというものがないことには事業として行うことは出来ないという面もあるので、もしもスキルがある人は『コンサルタント』というものも事業として行なうことが出来ます。

週末起業という意味ではクリエイター職は馴染みある者ですね、ブログなどもそうですがメルマガだったりwebライターとして活動している人も数多くいる中では、やはりインターネットというものを活用することでクリエイターとしても活動しているといった人も多いと言って良いでしょう。