会社の社名って実は肝心

起業するとなった場合に起業スタイルが二つあると紹介しましたが、そのどちらにも共通して言えることとしては会社設立までの手順をしっかりと理解しておく必要があることです。単純でしかも当たり前のことですが、こういった当然の知識がないといざというときに迷ってしまうこともあることにはあるのかもしれません。しかしながらそんな会社を設立するときに実は案外考察が必要なことがあります、これから自分が事業運営をしていくということになった場合に必要となるもの、それは『会社の名前』です。そんなの始めから考えているから安心、と豪語できる人もいると思いますがその名前が利用されていたりするとどうしても名前というインパクトでは名前負けしてしまうということもあると思います。または問合せがきても関係のない電話を受けてしまうといったこともありえると考えたら色々と面倒なことになるかもしれません。事業を立ち上げた時にはこの社名というものは非常に重要な要素だといえるのです。

では社名をつけるとなった時に何かしらのルールというものがあるのか、ということですが実はこの屋号を決めるときには簡単なルールというものがきちんと存在しているのです。ではそんな屋号の簡単な決め方について説明をしていきましょう。

屋号の決め方ルール

その1 社会的な意味で通じる社名をつける
社会的、という言葉を使用しましたがこれの意味する事はつまり反社会と思わせるような名称の会社名をつける事はNGだということです。格好良く英語を使用しようという点についてもその意味が受け付けられない、そんな事はよくあります。また公共機関で使用されている『学校』といったものについても会社としての単位では名称を受け付けられていないので利用できません。
そして当たり前なことですが、どこぞの有名起業の名称を参考にして考え出しましたというのももちろんダメに決まってます。また株式会社として設立する場合には名前の後、もしくは前に必ず『株式会社』をつけなくてはいけないということも忘れないようにしておきましょう。
その2 似たような名前がないかどうか
自分がこれから設立するとなる会社の近所を調べてみて、自分と同様のセンスを持っている人を見つけて仲良くする、というものではなく自分が考え出した社名を持っている会社が設立されていたとしたら名前は変えたほうがいいと言われています。似たような名前があるにも関わらずつけてしまうと、それこそ会社同士の喧嘩を巻き起こしてしまうかもしれないので注意しましょう。
その3 名づけ方のパターンというものを参考にする
名前の付け方のちょっとしたコツを得たいとなった場合には、既存の会社につけられている名前から参考にするというのも一つの手段として取れますが、もっと具体的に会社名でどんな会社なのかということを表現したいときには、会社名に具体的な業種を欠いてしまうというのも一つです。付けられる範囲ではあると思いますが、名前の中にどんな仕事をしているのかということがはっきりとわかるようであれば、もしかしたら仕事という面で特をすることもあるかもしれません。その他にも名前をつけるときにどんな方法を用いているのかということもある程度パターン化されているので、そういった点も見比べてから考えて見るのも悪くはありません。
その4 覚えてもらいやすい名前
その3でもちょっと触れましたが、やはり会社名ともなれば覚えてもらいやすいものを付けることに越した事はありません。こだわりを持ってその名前をつけたというのであれば文句はないですが、やはり単純で記憶から記録へと変換できるような名前なら越した事はありません。単純に長すぎる名前はNGです。あとは言いにくいのもお勧めできませんので、滑舌的に支障のない範囲で長すぎない名前、というのをつけられるのであれば付けられたらいいですね。この時にも近隣に同じ名前を用いて居ないかどうかを調べる必要があるので、その点も注意しておきましょう。

屋号の決め方のルールとして考えられている項目としては上記の通りとなっています。これはどんなときでも言われていることと当てはまっていると思っていいかもしれません、ですがやはり覚えてもらいやすい名前というものは肝心でしょうが、そういった名前になればなるほど独自性というものは失われやすいので悩ましい限りです。ただ今で言うところのDQN的な名称をつけるのもやはり社会的な側面、しかも事業ということで考えたらやってはいけないことだと断言します。名前からして印象が悪いなら、その中身も同様にずさんな企業なのではないだろうかと思われてしまいます。それはそれで非常に面倒なことにもなりますし、やはり見られるのならよりよい姿で見てもらった方が言いに決まっていますね。

屋号を決める際、実は苦労すると思いますが自分の会社ということでやはり愛着ある名前をつけてみたいと思うのは当然です、先ほどの項目をよほど度外視した名前でなければ基本自由につけられると考えていいでしょう。