人間関係って大事なんですね

起業するしないに関わらず、就労しているとどうしても付いて回ることになる人間関係という問題ですが、これに苦労して働くことに対して嫌気を覚えてしまうという人も多いでしょう。この原稿を書いている私も正直な話、あまり人間関係の形成を得意としているわけではありません、というよりかは人間関係の拡充というものに対して必要性を見出せていないという、なんとも起業家として非常に剥いていない性格をしているわけですが、そんな私がもしも万が一に企業を立ち上げるとなった場合には人間関係を形成してこなかったことを後悔する場面が多く出てくるでしょう。起業するとなった場合、それまでに作り上げた人間関係というものがその後事業が安定するかどうかということにも作用するのです。大げさな、と思いますがそれくらい人間関係というものは起業家として活動するとなった場合にはとても大事な要素となってくるのです。

サラリーマンとして勤務しているとき、特に営業を主としている場合には特にそういったときに密な人間関係を幅広く形成しておくことに越したことはないのです。この人間関係というものはお金や健康の次、または同等といってもいいほど非常に重要なものと見なしても何ら遜色はないのです。人間関係が苦手だから独立するなどと考えている人は、逆に起業家として考えたときには非常に不利だということです。現代社会の中で人間関係に疲れて精神を患ってしまったという場合は別として考えても、職場の人間関係というものを穏便にしておくことに危険性という側面は存在しないのです。出来るのであれば、それなりの人脈というものを形成しておくことに越したことはないのです。

ただ形成するだけではダメ

とはいえ単純に広く浅く人間関係を形成しておけば良いというわけではありません、起業した後のことを考えて『きちんとお金というものを見込める顧客になるかどうか』ということを見極めなくてはなりません。このように述べられていますが、難しいですよね、そういったところをどのようにして見抜くための力を手に入れるべきなのかと悩んでしまいますが、これもやはりコツコツ小さな積み重ねから判断していくしかないとしか言いようがありません。直感で何となくそういうことを求められる人だと分かるような素晴らしい人間を見つけることを得意している人もいるでしょうが、そんな事は誰もができるわけではありませんので、やはり交際してみて人間像というものを見ていかなくてはなりません。

またそういった人達を募っていくためにも必要なことは、受身の姿勢になるのではなく常に自分から積極的に交友して意向という姿勢を見せなくてはいけないのも大事でしょう。つまりは普段からの人間関係と同じだということです。苦手な人からすれば辛いところかもしれませんが、それでもどうしても起業することを目標にしているのであれば止むなしでしょう。むしろ苦手な人はまずは簡単に自分で出来る範囲で人間関係の形成を作るためのトレーニングから始めてみるというのも一つの手かもしれません。具体的なトレーニング方法なんてあるのかと思うところですが、これは単純に普段における人間関係を大事にするということが基本と考えるべきでしょう。近道なんて存在しないからこそ、遠回りしてでも大事なことはゆっくりと時間を掛けてもいいから特訓する、起業という意味だけではなく人としての人生における大事な過程ですね。

パーティーを開くというのも手

慣れ始めてきたらいざ、と行きたいところですが機会というものは常に巡ってくるものではありません。この時も受動というスタイルを貫くのではなく、能動的に活動するということが肝です。具体的にどうするべきかですが、そういった人脈関係を形成するために会合とまではいかないものの、交流会といったものを主催するというのも手です。飲み会の幹事をするようなものだと考えればいいでしょう、なれないことで失敗することもありますが、自分のために必要なことだと思って行えばそれだけ得られるものもあります。最初こそ失敗するかもしれませんが、慣れてくると思いがけない出会いなどがあるかもしれないと考えれば失敗も怖くないと思えてくるはずです。

こうした主催するパーティーなどは意外と誰もやりたがらないものではないでしょうか、私も基本的に人任せなところがあるので正直苦手です。ですが新しい世界を開きたいと考えたくなった場合には自分で世界を開拓していく勢いでドンドン進出することも時には必要でしょう。そもそも起業するということを考えた時点で物凄い決断力が伴うものです、それまでのサラリーマンという生活をやめてまでする価値のあることとして起業家という道を選んだ人なら人間関係の形成を億劫に思うなんてことは、むしろないといってもいいかも知れません。機会がないなら自分で作ればいいだけ、自分で動き出さないと何も始まることはないとどこかで良く聞く台詞のようにも思えますが、まさしくその通りですね。人生においてチャンスは巡ってくるばかりではなく、時には自分で作り出して活路を見出すだけの行動力が必要となってきます。